繊細で優美なポーセレンレースドールとポーセラーツ

作品について

 

ポーセレンレースドールについて ポーセラーツについて ポーセラーツクラフトについて

ポーセレンレースドール

 

ポーセレンレースドールは、一見やわらかいレースのドレスをまとっているように見えますが、お顔やドレス、リボン、花びら1枚まですべて高温焼成のやきものの磁器レース人形です。
西洋の中世貴族文化に伝統を持ち、西洋陶芸の最高峰とも言われています。

ドレスをデザインし、布のレースに液状陶土をしみこませて美しく着せ付け、陶土で作った花やパールなどを飾り付けて高温で焼成します。
その後、釉焼き、上絵付けなど何度もの焼成を重ねて繊細で優美なお人形が完成します。

~レースドールができるまで~

鋳込み

鋳込み

ドレーピング

ドレーピング

素焼き

素焼き

本焼き

本焼き

上焼き

上焼き

完成

完成

~制作工程~

鋳込み

・制作テーマを決めてドレスをデザインします
・液状の磁土を石膏で作られた人形型(モールド)に流し込み型を抜きます(鋳
込み)
・抜かれたボディ(グリーンウェア)をきれいに表面処理、成型します

ドレーピング

・土を染み込ませたレースをボディに美しく着せ付けます
・粘土状に濃度調整した磁土で、バラなどの花やパール粒などを作り飾ります

素焼き

・約1,200度で焼成(素焼き)します。15%位縮み、土の色がでてきます

本焼き

・ガラス質の膜を作るクリアグレーズ(釉薬)を塗ります(施釉)
・約1,000度で焼成(本焼き)します。磁器独特のツヤが出て強度も増します

上焼き

・お顔などを上絵の具でペイント彩色(上絵付け)します
・必要に応じてパールラスターや金彩を施します
・2~3回に分けて700~800度で焼成(上焼き)します

ポーセレンレースドールの制作には多くの工程があり、たっぷりの時間と手間をかけて作り上げていきます。高温焼成のやきものですので、思い通りに仕上がる時ばかりではありませんが、完成した作品との対面はいつも感動的です。
レースドールを愛し、ゆったり楽しんで制作された作品からしあわせ感をいっぱい感じていただければ嬉しいです。

ポーセレンレースドールギャラリーへ

ポーセラーツ

 

ポーセラーツは、シール感覚で使える転写紙や上絵の具などを使い、白い食器などの白磁に自由に絵付けを楽しむクラフトです。

「Porcelartsポーセラーツ」は、porcelain(磁器)とart(芸術)を組み合わされた名称です(日本ヴォーグ社)

美しい絵やパターンが印刷された転写紙を使用してデザインできますので、絵を描くことが苦手でも本格的な作品を仕上げることができます。
さらに上絵付けや金彩など様々な技法を加えることにより、よりオリジナル性を高めます。

毎日の暮らしの中に、きらり心躍る瞬間をもたらしてくれるような素敵な磁器作品です。

ポーセラーツギャラリーへ

ポーセレンクラフト

 

ポーセレンクラフトは、液状磁土、白磁、セラミックなどを使った、暮らしをきらり彩る磁器作品です。

ポーセレンやセラミックの土から成型するだけでなく、手びねりの陶花と白磁を組み合わせたり、ポーセラーツの技法やその他クラフトと組み合わせたり、自由な発想で作るフィギュリンや置物などのオリジナルのインテリア作品です。

ポーセレンクラフトギャラリーへ