わたしについて

~Yamagami Maho~

ポーセレンレースドールとの出会い

昔から、ヨーロッパの名陶から古伊万里まで陶磁器が大好きで、
美しいティーカップやフィギュリンを集めたりしていました。
ポーセレンレースドールとの出会いは、
結婚祝いにいただいたチューリンゲンレースドールでした。
磁器でできているとは思えない繊細さ、美しさに
驚き、その時の感動が原点になりました。
その感動をずっと忘れず制作したいと思っています。

レースが好き、ドレスが好き

誰でもそうかもしれませんが、
美しいもの、繊細なものにとても惹かれます。
レースのドレスはその最たるもので、
舞台や映画を見ているとドレスばかり見ていたりしました。
レースのドレスの美しさ、繊細さを
いつもまでも閉じ込められるレースドールに魅了されたのは、
磁器もレースもドレスも好きだった私にとって、
必然の出会いだったようにも感じます。

自分と向き合う

作品づくりは、自分の思いや好きなもの、
こだわりをぎゅっと詰め込む作業です 。
出来上がった作品は自分のこだわりを集めた
イメージの結晶のようなもの 。
正解のない自由な表現だからこそ、
自分の目指す形をイメージすることが大切です。
心と対話し、作品に向き合い、想像力をもって、
自分らしいオリジナル制作を続けていきたいと思っています。

魅力を感じていただけるように

はじめてレースドールを知って魅了されてからずっと、
私の中でその魅力は変わらないどころか、
知れば知るほど感じる奥深さに魅かれ続けています。
18世紀より今に伝えられてきたことが奇跡のようにも感じます。
その奇跡が続き、これからも多くの方に愛され、
技術や作品たちがずっと受け継がれてほしいと願います。
私の作品をご覧いただくことで、
レースドールの魅力を現在、そして未来に
伝えられる一助となりましたら、この上ない幸せです。

山上真帆 やまがみまほ

1999 年 レースドール講師 葭矢慶子氏、高見浩美氏に師事
2009 年 ポーセラーツ講師池田幸氏に師事
日本ヴォーグ社ポーセラーツインストラクター資格取得
大阪府茨木市にアトリエ開設
2007年 ホテル日航茨木Master‘s Collection Series 16
    「茨木在住の巨匠展シリーズ レースドール展」
     (旧ホテル日航茨木)
2008年 「ポーセレンレースドール展in芦屋」作品出展
     (芦屋ラポルテホール)
2010年 「ポーセレンレースドール展」 Porcelain Art Studio Cosmos アトリエ展
     (茨木市立ギャラリー)
2013 年 「ポーセレンレースドール展」Porcelain Art Studio Cosmos アトリエ展
     (茨木市立ギャラリー)
2015 年 「 21 世紀アート ボーダレス展」
     (東京都美術館)

2016 年 「ニュークリエイティブ展」入選
     (東京都美術館)(現代手工芸協会主催)
    「ポーセレンレースドール展」Porcelain Art Studio Cosmos アトリエ展
     (茨木市立ギャラリー)
2017 年 「LUXE STYLE レースドール 展」
     (茶屋町画廊)
2018年 「新院展」入選
     (東京都美術館)(新日本美術院主催)
2019年 「ポーセレンレースドール展」Porcelain Art Studio Cosmos アトリエ展
     (茨木市立ギャラリー)
    「新院工芸部展 国際公募東京アート工芸 2019 」入選・入賞
     (国立新美術館)(新日本美術院工芸部主催)
2020 年 「国際公募 東京アート工芸 2020 」入選・入賞
     (国立新美術館)(東京アート工芸主催)